合同会社設立に関する相談 - 合同会社設立の方法かんたん解説

合同会社設立の方法かんたん解説 > 合同会社設立に関する相談

合同会社設立に関する相談

合同会社は社員全員が有限責任を負うという点でリスクが低く、また定款の認証を必要としないため手続きが簡単ではじめやすいメリットがあります。
しかし会社設立には変わりありませんし初めての人にとっては分からないことや不安なことが多々出てくるでしょう。
そんなとき誰か相談に乗ってくれると心強いですし、そんな存在がいるかいないかで会社の行く末は大きく変わってくると思います。

まず会社設立に関する相談は合同会社だけでなく株式会社の場合であっても税理士や中小企業診断士に話すのが一般的です。
一番おすすめなのは中小企業診断士の資格を持つ税理士で、こういった人は会社設立に関する相談を日常的に受けているはずですし、それを専門的に扱っているからです。

税理士とひと言で言っても税金に関することだけをやっている人もいれば、会社設立などほかの分野にも特化している人もいますのでただ税理士に相談すればいいというわけではないのです。
これは弁護士を探すときにも言えますが、弁護士は借金問題に詳しい人もいれば遺産相続、または離婚問題に詳しい人などいろいろいます。
同じように税理士にも得意な分野とそうでない分野がありますので、末永く付き合っていけるように会社設立から運営に関すること、そして税金に関することまで知っている人に依頼してください。

合同会社は一部の役員のみが主導権を握って運営していくわけではなく、みんなで一緒に助け合いながら運営していくことになるのでチームワークがとても重要になります。
したがってもし意見が分かれたときに税理士という第三者からの意見が入ることによってうまくまとまることも考えられます。
特にスタートしたばかりの企業は勢いだけで走ってしまうところもありますし、現在地がよく見えていないところも少なくありません。
そんなときに税理士というエキスパートな存在は大きな力になってくれるはずですから、信頼できる人を探してください。