定款の書き方 - 合同会社設立の方法かんたん解説

定款の書き方

合同会社は株式会社のように定款を公証役場へ持って行って認証してもらう必要はありませんが、作成したものを登記の際に法務局へ提出しなければなりません。
定款は会社の決まり事などを示すうえで重要な書類になりますから、漏れや間違いのないようにしっかり記入することを心掛けてください。
ここでは合同会社設立のときの定款の書き方についてお伝えしていきたいと思います。

はじめに定款の書き方は基本的に決まっていて、専用の書類を準備して指定されたところへ記入していくだけなのですが記入ミスがあるとやり直しになります。
まず専用の用紙はインターネット上にある専門サイトから無料でテンプレートをダウンロードできますので、そこから入手してください。
テンプレートが入手できたらさっそく記入していきますが、最初に記入するのは表紙となる部分です。
ここには社名を記入しますが、合同会社をLLCと記入してはいけませんので必ず正式名称で記入してください。
作成日は定款を作成した日付を記入し、会社設立日は登記申請のときに記入するので空欄にしておいて構いません。

次に商号、目的、本店の所在地、公告、社員及び出資といった項目を記入していきますが、ここで間違えやすいのは本店の所在地です。
これは番地や部屋番号なども略さず正しく記入するようにしてください。

ほかにも有限責任に関する項目や代表社員を記入する項目、社員の加入や任意退社、決定退社及びその特則、損益の分配と分配の割合など会社の決まり事なを記入していきます。
最後に最初の事業年度、記名押印をして製本しますが、電子定款の場合は「以上、合同会社○○○○の設立のため、発起人が、電磁的記録である本定款を作成し、電子署名する。 」と書き換えてください。

以上が定款の書き方ですが、詳しくは専門サイトの説明を読んだり関連書籍、または税理士・中小企業診断士などのアドバイスを参考にしながら確実に進めていってください。