合同会社設立のための書類 - 合同会社設立の方法かんたん解説

合同会社設立の方法かんたん解説 > 合同会社設立のための書類

合同会社設立のための書類

会社を設立するにあたっていろいろな書類が必要になりますが、合同会社の場合どのような書類が必要になるのでしょうか?
書類は必ず準備しなければならない必須書類と場合によっては必要になる書類の2種類ありますので、分けて説明していきたいと思います。

まず必須となる書類ですがこれは登記申請の際に必要になる合同会社設立登記申請書、登記用紙と同一の用紙、定款2部、代表社員の印鑑証明書、払込証明書、印鑑届出書です。
合同会社設立登記申請書は文字通り合同会社を設立することを許可してもらうための申請書類ですし、定款は会社に保存しておくためのものと法務局に提出するものの2つが必要になります。
また代表社員の印鑑証明書や払込証明書は資本金の支払い時に出てくるものですし、印鑑届出書は会社の印鑑を証明するためのものでもあります。
これらの書類はひとつでもないとやり直しになってしまいますから、法務局へ登記申請に行く前に必ず漏れがないかチェックしておいてください。

次に場合によっては必要になる書類ですが、これは代表社員就任承諾書と本店所在地及び資本金決定書のふたつで、前者は代表社員が実名で定款に記されている場合は必要ありません。
しかしやり方によっては必要になることもあるので、その際は準備してください。
そして本店所在地及び資本金決定書は定款で本店所在地を最小行政区画までしか書いていない場合に必要になる書類ですから、該当するのであれば準備しておきましょう。

このように合同会社を設立するための書類はいくつかありますので、ひとつひとつ確認しながら用意していくといいでしょう。
特に印鑑証明書は一人一人が住んでいる市町村役場へ行って取得してこなければならないので、全部揃っているかチェックが必要です。

合同会社設立の際に必要な申請書について、 もし分からないところがあったり、必要か不要か判断できない場合は専門家に相談することをおすすめします。
税理士や中小企業診断士であれば詳しく教えてくれます。