合同会社設立の手順 - 合同会社設立の方法かんたん解説

合同会社設立の方法かんたん解説 > 合同会社設立の手順

合同会社設立の手順

合同会社設立にあたっての手順はどのようになるのか、ここではその流れを説明していきたいと思います。

まず最初にやることは会社の基礎事項の決定で、これは会社名や事業内容、会社の所在地をどこにするのかなど会社設立にあたってのプランを決めます。
ここでつまづいてしまうと会社設立も難しくなってきますし、運営開始した後もトラブルが起こりやすくなりますのでしっかり時間をかけてください。
特に合同会社の場合は株式会社のように役員が決まっているわけではなく社員全員が有限責任を背負うことになりますから話がまとまるように足並みをそろえる努力をしなければなりません。

基礎事項が決まったら次は法務局へ行って会社設立の手順に間違いがないか確認してもらってください。
これは必須事項ではありませんが、万が一間違いがあると二度手間になって面倒ですからやっておいて損はないはずです。
そして会社設立には発起人や役員の印鑑証明書が必要になりますので、各自が住んでいる市町村役場へ行って取得してください。
またこのときに会社用の印鑑も一緒に作成しておくといいかもしれません。
会社用の印鑑はいろいろな契約をするときに必ず使うものですし、なくてはならないもののひとつですから早めに準備しておきましょう。

それらの工程が終わったらいよいよ定款の認証に向けて書類作成をしますが、これはテンプレートがインターネット上から無料ダウンロードできますのでそちらを利用すると便利です。
そして株式会社の場合は定款の作成後に公証役場へ行って認証手続きをしなければなりませんが、合同会社の場合はその手続きが不要なのでそのまま資本金の支払いに移ります。
資本金の支払いはあらかじめ用意しておいた法人用の銀行口座へ振り込みます。

これですべての工程が終わりになりますから、あとは登記を行ってそれを法務局に提出し、設立申請は完了です。
以上が合同会社設立の手順になりますので覚えておいてください。