合同会社のメリット・デメリット - 合同会社設立の方法かんたん解説

合同会社設立の方法かんたん解説 > 合同会社のメリット・デメリット

合同会社のメリット・デメリット

新しい会社のスタイルとして今、合同会社がとても注目されていますが、設立にあたってメリット・デメリットはどんなところなのでしょうか?
会社と言えば株式会社をイメージする人も多い中で合同会社を選択するのはそれなりの理由があるはずなので、ここではそのあたりも含めて探っていきたいと思います。

はじめに合同会社のもっとも大きなメリットは社員全員が有限責任を負うという点にあり、これはつまりみんなで出資し合って設立するということになります。
株式会社の場合、一部の出資者と株主によって資金が出されますから、会社の方向性や事業内容などの決定権・発言権は役員や株主にありますが、合同会社はそうではありません。
みんなでお金を出し合ってみんなで決めるというスタンスになるので責任も分散され、万が一トラブルが起こった場合でも一部の人だけに大きなダメージが残ることはないのです。

ほかにも合同会社は株式会社よりも安いコストで設立することが可能で、株式会社の場合定款を電子認証で行ったとしても総額200,000円かかりますが、合同会社なら同じ方法で60,000円に抑えることができるのです。
これは公証人手数料がかからない、また登録免許税が安いからで、ここも大きなメリットと言えるでしょう。

それではデメリットはどこにあるかと言うと、社員が全員有限責任を負う形になるため代表取締役という存在がいないことです。
株式会社であれば責任は代表取締役が背負うことになり、何か大きなトラブルがあったときにはその人が出ていきますが合同会社はそうではないので信頼性と言う点では少し低くなります。
加えて全員が有限責任社員になるため求人を出しても人が集まりにくいというのもあげられています。

以上が合同会社の基本的なメリット・デメリットになりますから、これから会社設立を考えている方はこれらの点をよく把握して株式会社にするのか合同会社にするのか判断してほしいと思います。