合同会社とは - 合同会社設立の方法かんたん解説

合同会社とは

近年、合同会社という新しいスタイルの会社が増えてきているみたいですが、ビジネスについてあまり詳しくない人にとっては馴染みのない名前だと思います。
そこでここでは合同会社とはどんなスタイルの会社なのか、株式会社とはどこが違うのかお話していきますので将来事業をはじめたい人はもちろん、そうでない人も目を通してみてください。

はじめに合同会社とは会社法の施行により有限会社を新たに設立できなくなったことで生まれた新しい種類の会社であり、大きな特徴が4つあります。
まず出資者が一人以上いればはじめられる、また出資は金銭のみに限られる点です。
基本的に出資者が経営者となりすべての決定権を持ちますが、出資者は必ずしも一人でなくてはいけないわけではないので、複数の人で経営することも可能です。

また出資が現金のみになりますから、株式会社のように株主というのは存在しません。
したがって経営の方向性を決めて展開していくのは出資者、イコール経営者が行っていくのでこの点は株式会社と大きく異なるところだと言えるでしょう。
また有限責任社員のみで形成されるスタイルになるので、株式会社のように一人のリーダーが指揮をとっていくのではなく、みんなで決めてみんなで責任を背負うというスタンスになります。

さらに合同会社は公証人手数料が必要ありませんから、定款印紙代と登録免許税のみで設立することができます。
定款は電子認証にすると無料になりますので、そうすると必要なのは登録免許税60.000円のみで会社を作ることができるのです。

このように合同会社は株式会社とは違ったスタイルの会社であると同時に、新しい可能性を提示していると言えるでしょう。
社会的な信用という面ではまだまだ株式会社のほうが高い傾向にありますし、数も圧倒的に多いのですが、今後合同会社の数が増えていけばその点も改善されていくと思います。
そのためには既存の合同会社がしっかり実績を作り、前例となることが重要です。